iSCSI イニシエータ名を変更する

地味だが毎回忘れてしまうので備忘録として残しておく。

よくあるユースケースとしては、ESXi の再インストールなどをしてイニシエータの名前が変更されてしまい、デバイスが見えなくなってしまった場合に、ESXi ホスト側で変更前の名前に変更することで、ストレージ側での操作をせず、デバイスをホストに見せることができる。

対象のホストがvCenter Server に接続されている場合は、GUI より簡単に変更できる。ホストをクリックし、設定→ストレージアダプタ→対象のアダプタを選択→プロパティ→編集で名前を変更可能。

vCenter Server に接続されていない場合は、SSH 接続を行い、CLI より下記コマンドを実行する。

esxcli iscsi adapter set -A "Your Adapter Name" -n "Your Initiator Name"

多くの場合、adapter name はvmhba64 になる

vkbaba

仮想化関連のSE をしています。ただいま社会人3 年目。 投稿内容は私個人の意見であり、所属企業・部門見解を代表するものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする