vCenter Server Appliance のディスクサイズまとめ

最終更新日

vCenter にはアプライアンスのサイズとストレージのサイズという2 種類のサイズがあり、アプライアンスはTiny、Small、Medium、Large、XLarge、ストレージはDefault、Large、XLarge と計15 種類のサイズに分かれる(以降、Tiny – Default のように、アプライアンスサイズ – ストレージサイズ、と記載する)。アプライアンスのサイズによってvCenter Server アプライアンスのCPU とメモリの容量は異なるが、ストレージ容量も異なる(Tiny – Default とXLarge – Default ではストレージ容量は異なる)。逆にストレージのサイズが異なったとしてもCPU やメモリ容量は同じである。

また、vCenter は16-17 のvmdk 仮想ディスクを保持していてそれぞれ役割や容量が異なり、vCenter のストレージを拡張する際は個別のvmdk 仮想ディスクサイズを拡張することになる1

ところが、ドキュメントに個別のディスク容量のサイズが記載されていなかったため、本記事では備忘録としてまとめた。単位はすべてGB。なお、各ディスクの用途についてはコチラを参照。

これはvCenter 7.0U3 (Build 18700403) の情報であり、バージョンによって異なる場合があることに注意。特定のバージョンについて自分で調べる場合、都度デプロイする必要はなく、vCenter のiso に含まれるova ファイルを7zip 等で展開し、取り出したovf ファイルを見ればよい(単なるtar アーカイブなので)。

 Appliance SizeTiny  Small  Medium  Large  XLarge  
Storage SizeDefaultLargeXLargeDefaultLargeXLargeDefaultLargeXLargeDefaultLargeXLargeDefaultLargeXLarge
Disk1root48.5648.5648.5648.5648.5648.5648.5648.5648.5648.5648.5648.5648.5648.5648.56
Disk2none (tmp)4.98 - 6.314.98 - 6.314.98 - 6.314.98 - 6.314.98 - 6.314.98 - 6.314.98 - 6.314.98 - 6.314.98 - 6.314.98 - 6.314.98 - 6.314.98 - 6.314.98 - 6.314.98 - 6.314.98 - 6.31
Disk3swap252525252525505050505050505050
Disk4core252525505050505050100100100100100100
Disk5log101010101010252525252525252525
Disk6db101010101010252525252525505050
Disk7dblog151515151515252525252525252525
Disk8seat10550143025550143050550143020055014305005501430
Disk9netdump111111101010101010101010
Disk10autodeploy101010101010252525252525252525
Disk11imagebuilder101010101010252525252525252525
Disk12updatemgr100100100100100100100100100100100100100100100
Disk13archive505050505050100100100100100100200200200
Disk14vtsdb10550143025550143050550143020055014305005501430
Disk15vtsdblog51515151515252525252525252525
Disk16lifecycle100100100100100100100100100100100100100100100
Disk17lvm_snapshot15050010002005001000200500100030050010005005001000

※1
root パーティションはovf ファイルに情報がなかったため、Tiny – Default とXLarge – XLarge を実際にデプロイし、いずれも48.56GB であったことからサイズによって違いはないと想定し48.56 と記載した。

※2
none (tmp) パーティションはovf ファイルに情報がなかったうえ、 Tiny – Default とXLarge – XLarge で微妙に差があった。Tiny – Default で4.98GB、XLarge – XLarge で6.31GB のため、この範囲で収まると想定し4.98 – 6.31 と記載した。

※3
ディスク17 はlvm_snapshot という名前が付いており、ovf ファイルにはサイズごとの容量が記載されているものの、 Tiny – Default ではvmdk が存在せず、 XLarge – XLarge では存在していた。詳細は不明。なお、デプロイ時にインストーラーで確認できるストレージ容量はlvm_snapshot を含めた合計容量を出力している。

※4
VAMI(5480 ポートで接続できるvCenter の管理UI)で見たディスク容量の値は表の値よりも若干低い。値からGiB とGB の単位の差ではないように見えるが、詳細は不明。

  1. https://kb.vmware.com/s/article/2145603

vkbaba

仮想化関連のSE をしています。 投稿内容は私個人の意見であり、所属企業・部門見解を代表するものではありません。